top of page

パートナーの五大欲求を知る


「あなたの幸せはなんですか?」と聞いたときに「家族との時間」 「仕事で認められること」「1人で気ままな旅行ができる時」 など人によって幸せと感じることは違いますよね。 選択心理学からその違いを考えると、その人の基本欲求の占める割合が違うからなんだと腑に落ちます。 選択心理学とはアメリカの精神科医ウィリアム・グラッサー博士によって提唱された脳の働きを説明しようとする認知心理学の一種です。 従来の心理学では「人は外側の刺激によって動機づけられる」と考えますが、選択理論心理学では選択理論心理学では「人は内側から動機づけられるとする」と考えます。

その内側から動機づけるものとして、「生存」「愛・所属」「力」「自由」「楽しみ」を5つの「基本的欲求」と考えます。



引用:選択理論JP

5つの「基本的欲求」については、こちらの資料にあるチェックテストを使って簡単に診断ができますので、興味のある人は試してみてください。

基本的欲求診断テスト


五大欲求の説明

愛・所属の欲求 家族、友人、会社などに所属し、愛し愛される人間関係を保ちたいという欲求。

生存の欲求 空気や水、食べ物、住居、睡眠など、生きていくために必要なすべてに対する欲求。

力の欲求 自分の欲するものを、自分の思う方法で手に入れたいと思う。人の役に立ちたい、価値を認められたいという欲求。

自由の欲求 自分の考えや感情のままに自由に行動し、物事を選び、決断したいという欲求。誰にも束縛されずに自由でありたいという欲求。

楽しみの欲求 義務感にとらわれることなく、

自ら主体的に喜んで何かを行いたいと思う欲求。


この診断テストの結果 私は 愛と所属の欲求が満点の10 生存の欲求      1 力・価値の欲求    4 自由の欲求      0 楽しみの欲求     4

という結果でした。

HSP だからという理由で寂しがり 不安症などの言い訳をしていますが

この五大欲求の中の 愛と所属の欲求が高いことからも 人と触れ合いたい 一緒にいたいということがわかります。

愛と所属の欲求が強いから 人から誘われるのが大好き 人と一緒にいることで安心する お誘い大好き 家族大好き 愛されたい

その説明がつきます。 でもHSP なので1人でいる時間も必要^^;


パートナーの五大欲求を知ることで あなたが愛と所属の欲求が強い人でも パートナーが楽しみの欲求が強かったら うまく回らないことがわかりますよね。

あなたの欲求とパートナーの欲求 調べてみてくださいね。


おまけ

私は生存の欲求はなく 多分日本 沈没となれば あたふたせずに睡眠薬を飲んでそのまま眠るタイプです。 ゾンビに追いかけられたら逃げずに 立ち止まって食べられることを選ぶ

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page